【新作K18】心葉 ダイヤモンド 0.1ct 葵×馬蹄ネックレス 【当日出荷:平日13時までのご注文】
kks-0558-yg

78,800円(税込)

購入数

    • いいね・ツイート歓迎

京都生まれのジュエリーブランド「心葉」

「心葉/こころば」とは、古くは平安時代の言葉です。
贈り物に添えられた造花や、葵祭の主役"斎王代"につけられる飾りを「心葉」と言い、
そこから着想を得てオリジナルブランド “心葉ジュエリー”が誕生しました。

神聖なるフタバアオイに願いを込めて。。

フタバアオイは、古くは「あふひ(逢う日)」と呼ばれていました。
太陽に向かい咲く姿から「ひ」とは「神様」のことであるとも考えられ、
フタバアオイは「神様に逢える」神聖な植物とされてきました。



幸運の馬蹄とフタバアオイの出逢い

はるか昔の神話では、
天の神様に「会いたい」と願う切なる想いを叶える為、
「走馬を行い、葵を飾り」祭りを行ったと云われています。

この神話のお祭りが、「五穀豊穣」「天下泰平」を願った葵祭(賀茂祭)の
起源とされており、

古くから人と神様を結ぶフタバアオイは
贈る人への心の繋がりを大切にした植物であるとされていました。



馳せる想いが”貴女の繁栄を願う”

神馬は「神様の乗られる馬」として”幸運をもたらす”と云われています。

西洋でもホースシューと呼ばれ、「魔除け」や「幸運のお守り」と信じられ
ウェディングの引き出物にも使われる程、縁起の良いモチーフと大切にされています。

離れていても想い合い、喜びや、慈しみを分かち合える…
「心と心の繋がり」をいつも身につけていたい。。

そんな思いから生まれたネックレスです。



花言葉は”細やかな愛情”

ハートのように愛らしく二つ並んだ美しい葉と
高貴な輝きのダイヤモンドが、
身につける女性の気品を高めてくれます。



世界にたった一つの”天然ダイヤモンド”

フタバアオイの中央にセッティングされた
0.1ctのダイヤモンドが、胸元で「美しく」輝きます。

葵楓を身に纏い、神馬が駆け抜けて
「祝福」を貴女の胸元に届けてくれますように。。。





艶やかに気品を漂わせる 拘りのフォルム

チェーンが馬蹄の中央を通らない為
胸元を上品にすっきりと魅せてくれます。

たくさんの幸せがU型に溜まり、やがて身に着けている貴女に注がれるでしょう。



チェーンは、着るものに合わせて調節可能





〜心葉について〜

「紫式部日記」や「源氏物語」では心葉を添えることで、 相手への心遣いの気持ちを表していたようです。
また式典の際に、挿頭(髪や冠に挿した草花のこと)としてつける 金銀の梅の花を模して造られる装飾品も心葉と呼ばれていました。

贈る相手を想う心遣い、女性を輝かせる装飾品でもある『心葉』を 大切な人へ送りませんか?



「心葉」オリジナルの証である、ブランドロゴの刻印が入っています。







【ラッピングにつきまして】

「心葉 K18馬蹄×葵ネックレス」には、
オリジナルの桐箱に、リボン付きギフトボックス、販売証明書、1年保証書、
ショッピングバッグを付けお届けします。

京都ならではの日本の伝統を感じられる、
手触りの良い桐箱に、金色の「心葉ブランドロゴ」が入り、
そのまま飾りたい上品な仕上がりとなっております。

身に着ける方の幸せを願い…
陽だまりのような笑顔を思いながら…

共に進む道のりに、たくさんの幸せと豊かな実りある日々を祈り
想いを込めたジュエリーを当店からお届けいたします。




【安心の一年保証付き】

ご購入より一年間は無償にてお修理をさせて頂いております。
▼詳細はこちらをご覧下さい。



商品詳細
ブランド ・心葉(登録商標/kokoroba)
サイズ ・長さ:約45cm(自由に調節できるスライド式です。)
・ペンダントトップ:約10mm×7mm、厚み:最大約3mm
・重量:約1.8g
※手作りの為、多少サイズが前後する場合が
ございます。
地金・素材 ・地金:K18(18金)/ YG(イエローゴールド)
・天然ダイヤモンド 0.1ct
・カットアズキチェーン
生産地 ・日本/JAPAN
付属品 ・ブランドロゴ入り桐箱
・ギフトボックス
・鑑別書(日独宝石研究所)
・販売証明書
・ショッピングバッグ
・品質保証書(1年無料保証)
アフター
サービス
安心してご使用頂けます様に当店では、ご購入より一年間は無償にてお修理をさせて頂きます。
詳細はコチラをご覧下さい。
  • いいね・ツイート歓迎
新着

〜価格帯からジュエリーを探す〜

価格
価格
価格
価格

〜誕生石からジュエリーを探す〜

〜ROLAスタッフに聞く「もらって嬉しい」プレゼント〜

スタッフに聞く
スタッフに聞く
スタッフに聞く
スタッフに聞く
>