商品画像

K18YG 誕生石 ネックレス 【当日出荷:平日13時までのご注文】
fi-5232

20,800円(税込)

誕生石を選択
購入数

    • いいね・ツイート歓迎

K18 YellowGold BirthdayStone Necklace

18金イエローゴールドの地金に、
誕生石(ガーネット、アメジスト、アクアマリン、ダイヤモンド、エメラルド、ムーンストーン、ルビー、ペリドット、サファイア、ピンクトルマリン、シトリン、タンザナイト)を合わせたネックレスです。


聖書の時代にまで遡る「誕生石」の成り立ち

宝石に石言葉があるように、生まれた月によって各々異なる誕生石が制定されています。
誕生石の歴史は思いの他に古く、旧約聖書の出エジプト記に記されているアロンの胸当てにまで遡ることができます。
イスラエルの12氏族を代表する宝石が胸当てに埋め込まれましたが、誕生石は時代が経過するにつれ、国や文化の違いによって異なる宝石が誕生石として記されるようになります。



特別なジュエリーに想いを込めて…

古くから、生まれた月の宝石を身に付けると、幸せを呼び、身を守ってくれると云われています。
大切なひとへ特別な想いを乗せて贈るのにとってもオススメのネックレスです。
トップの宝石は12か月の誕生石からお選びいただけます。



※ダイヤモンドは5,000円、エメラルドは3,000円加算となります。



際立つ、ホンモノの輝き

華やかな18Kイエローゴールドの地金に一粒の宝石が煌めくネックレスは、シンプルながらも品よく存在感を放ちます。
『お守りとして毎日利用できるジュエリーを身に着けたい!』そんな女性にも一押しです。
また、華奢なアズキチェーンに無駄のない洗練されたデザインなので、どのような服装にも合わせやすく年齢も問わないのも魅力です。





ご自分や大切な人の誕生石をお選び頂くだけでなく、カジュアルに身に着けられるタイプのネックレスをお探しの方にもオススメですよ!




約3mmのトップは上品サイズ

カジュアルな普段使いにも、オフィスにも使える大きさです。





安心のK18刻印入りです。
アジャスターには、長さの調節が出来るアジャスターカン付きです。



デザインの幅を広げるミル打ち

デザインの核となるのが宝石の周囲に打ち込まれた「ミル打ち」です。
ミル打ちは特に1900年始めのエドワーディアンと呼ばれる時代に大きな発展を見せました。
東南アジアに起源を持つ技法ですが、ミルを打つことで華やかにも、幾何学的な印象にもなるのが特徴的です。
その大きさや量、配置を工夫することで、絶秒なニュアンスを表現できるようになり、特に近代のミルは多様性があり、ジュエリーデザインの幅を広げるテクニックとして人気が出ています。



身に着けて幸せになれる、お守りジュエリーとして

宝石の煌めきや色彩が引き立つネックレスは、華奢なサイズ感なのでお守り代わりにいつでも身に着けられるスキンジュエリーとしてもお使い頂けます。
最近は宝石が持つ意味や誕生石に願いを込め、ラッキーチャームのような縁起を担げるお守りジュエリーとして身に着ける女性も多く、プレゼントにもきっと喜んでいただけますよ!




【ラッピングについて】

ジュエリーケースにリボンをかけ、ギフトバックを付けてお届けします。
大切な方へのお誕生日や記念日のプレゼントとしてご利用いただけます。




商品詳細
ブランド ・ROLA
サイズ ・小豆チェーン:約40cm(約36cmでもお使い頂けます。)
・誕生石:約3mm
地金・素材 ・誕生石(1月誕生石:ガーネット、2月誕生石:アメジスト、3月誕生石:アクアマリン、4月誕生石:ダイヤモンド、5月誕生石:エメラルド、6月誕生石:ムーンストーン、7月誕生石:ルビー、8月誕生石:ペリドット、9月誕生石:サファイア、10月誕生石:ピンクトルマリン、11月誕生石:シトリン、12月誕生石:タンザナイト)
0.1ct ラウンドカット (品質保証書付き)
・地金:K18YG(18金イエローゴールド)
※【追加料金につきまして】ダイヤモンドは5,000円、エメラルドは3,000円を加算させて頂きます。
付属品 ・高級ジュエリーケース入り(リボンでラッピング致します)
・ギフト用の手提げバッグ付き
・品質保証書(ヴィサージュジャパン(株)発行)
  • いいね・ツイート歓迎
NEW ARRIVAL 新入荷・再入荷ジュエリー

〜価格帯からジュエリーを探す〜

5,000円〜20,000円
10,000円〜30,000円
20,000円〜50,000円
50,000円以上

〜誕生石からジュエリーを探す〜

〜ROLAスタッフに聞く「もらって嬉しい」プレゼント〜

20代スタッフに聞く
30代スタッフに聞く
40代スタッフに聞く
50代スタッフに聞く
>