商品画像

K14WG マルチストーン ピアス 【当日出荷:平日13時までのご注文】
fi-8074

10,800円(税込)

購入数

ペア

    • いいね・ツイート歓迎

K14 WhiteGold Multistone Pierce

14金ホワイトゴールドの地金に、
ラウンドカットのアクアマリン、ブルートパーズ、サファイアを合わせたピアスです。



異なる3つのブルーの魅力

ブルー系の宝石として特に人気が高いサファイア、アクアマリンそしてブルートパーズ──

ある詩人はサファイアの美しさを「日没後に見られる澄んだ空の様だ。」と形容しています。
深紅のルビーと対照的な濃い青色を見せるサファイアですが、元となる鉱物種は同じでコランダムと呼ばれる鉱物です。

一方、清楚なペールブルーのアクアマリンは2000年前に水と海水を意味する「Aqua」と「Marine」から命名され、夏に涼を呼ぶ宝石として愛されています。

アクアマリンとよく似た色彩を持つブルートパーズは黄玉(トパーズ)と呼ばれる種に属していますが、数千年に及ぶトパーズの歴史の中でも比較的発見が遅い19世紀に確認された宝石です。
ブルートパーズは人為処理を施すことで、強いカラーグラデーションが生まれロンドン、スイス、スカイと異なるトップカラーの名称が与えられることでも知られています。

同じブルー系でも、違った輝きや透明感、色彩を持つ宝石たちは私たちの目を楽しませてくれます!






耳元に爽やかな風が吹くブルーマルチストーンピアス

耳元に涼し気な風を運ぶ3つの青色……
ブルー系の宝石でも全く異なる魅力を持つサファイア、アクアマリンにブルートパーズをカーブ状に14Kホワイトゴールドでセット。

それぞれ単体でも十分に魅力ある宝石ですが、スミレ色のサファイア、キラキラした透明感溢れるアクアマリン、ブルートパーズの優しいブルーはまるで咲き誇る風信子の花々を見ているようです。

サファイアの群書色が耳元にキリッとした存在感を与え、カラット数の大きい水色のアクアマリンとブルートパーズがそっと花を添えるように落ち着いた輝きを見せます。
ブルー系の宝石とホワイトゴールドの相性は大変良く、流線形に流れるカーブとしてデザインされているので、不思議と耳元を優しい印象にしてくれます。

サイズも小さめで気品があり、ラフな普段着にも、職場でも落ち着いたコーデにも似合います。
シーン問わず使えるビジューピアスは、プレゼントにもきっと喜ばれるジュエリーです。





約7mm×約5mmの品のあるサイズ

会社でも付けられる大きさなので、
働く女性への贈り物にもピッタリです!



安心のK14WG刻印入りです。
キャッチには、しっかり止まるダブルロックキャッチを採用。





丁度いいサイズなのでTPO関わらずお洒落を楽しめる

ピアスのサイズが約7ミリ×約5ミリと大きすぎず、小さすぎないサイズなので、身に着ける場所を問いません。
爽やかな彩りは、サマーシーズンにはもちろん季節問わずお使い頂けます。
耳元から清々しい風を呼び込み、コーディネートのアクセントになってくれます。



1つの宝石では感じ取れない同色同士の異なる化学反応──
お互いが共鳴し合うようにそれぞれの魅力を高め合い、より印象的な耳元を演出します。
「シンプルな一粒ピアスでは物足りない…」、「ちょっと変わったシンプルなピアスが欲しい!」そんな女性にオススメできるピアスです。
また、一つで3種類もの宝石を楽しめるので「宝石のピアスは初めて購入する」という方にもお薦めしたいジュエリーです。



【ラッピングについて】

ジュエリーケースにリボンをかけ、ギフトバックを付けてお届けします。
大切な方へのお誕生日や記念日のプレゼントとしてご利用いただけます。




商品詳細
ブランド ・ROLA
サイズ ・全体:約7mm×約5mm
・アクアマリン:約3mm
・ブルートパーズ:約2mm
・サファイア:約2mm
地金・素材 ・アクアマリン(ブラジル産) ラウンドカット
・ブルートパーズ(ブラジル産) ラウンドカット
・サファイア ラウンドカット
・地金:K14WG(14金ホワイトゴールド)
・ダブルロック キャッチ
付属品 ・ジュエリーケース入り
・ギフト用の手提げバッグ付き
・品質保証書(ヴィサージュジャパン(株)発行)
  • いいね・ツイート歓迎
NEW ARRIVAL 新入荷・再入荷ジュエリー

〜価格帯からジュエリーを探す〜

5,000円〜20,000円
10,000円〜30,000円
20,000円〜50,000円
50,000円以上

〜誕生石からジュエリーを探す〜

〜ROLAスタッフに聞く「もらって嬉しい」プレゼント〜

20代スタッフに聞く
30代スタッフに聞く
40代スタッフに聞く
50代スタッフに聞く
>